新型コロナウイルス感染症対策としてCare222を導入致しました|京都市西大路・東寺の胃腸内科 しばじクリニック

HOME
アクセス
当院のコロナ対策

新型コロナウイルス感染症対策としてCare222を導入致しました

トイレで新型が広がる可能性がある!

トイレの使用で新型コロナウイルス感染症に感染する可能性があると言われております。
実際に同じ病棟に入院しており、病室が離れていてもトイレなどを介して感染が広がった可能性があるという事例がございます。

当院ではトイレからの新型コロナウイルス感染対策としてcare222を導入しました!!

当院では新型コロナウイルス感染症の対策といたしましてウシオ電機 Care222を導入致しました。
広島大とウシオ電機(東京都)などの研究グループにより、人体への影響が少ない特定の波長の紫外線が、新型コロナウイルスを不活性化させる効果を発見したという報告がございました。

ウシオ電機 Care222の特徴

殺菌力

乾燥したプラスチック上の新型コロナウィルス222nmの紫外線を30秒間照射したところ99.7%の割合で感染力を失った。

安全性

波長222nmの紫外線は日焼けや皮膚がん、白内障といった障害を引き起こしません。

Care222は患者様への負担がなく、新型コロナウイルス感染症のリスクを減らすことが可能です。詳しくは当院までお問い合わせください。

(人のいないときにUVを照射しているので負担はありません。)

PAGE TOP