しばじクリニック
COVID-19対策

新型コロナウイルス
感染症対策強化について

当院では、ご来院いただく皆様が 安心してご受診いただけるよう
新型コロナウイルス感染症の対策を行っています。

当院の「新型コロナウイルス感染予防」
5つの基本対策

01.
ご来院される患者様へのご協力の遂行

院内にアルコール洗浄液などを設置しておりますので、必ず手指の消毒をしてください。待合室ではマスクを着用し、大きな声での会話はお控えください。

02.
医師・スタッフ感染予防の徹底

医師・スタッフ全員が、手洗い、アルコールなどによる消毒、マスク着用、毎日の検温、健康確認などを欠かさず行い、感染予防を徹底し診療を行います。

03.
診察室・治療・検査機器、院内設備の除菌

診察室の診療毎の除菌はもちろんのこと、各検査機器、治療機器においても、使用後は、除菌対応を行っております。

04.
院内設備の除菌、雑誌など一時撤去

以下の不特定多数の方が接触する箇所は、室内清掃時だけでなく、定期的に消毒液による除菌を行っています。
待合室 ドアノブ 手すり 椅子 トイレ など

05.
窓・扉の開放、空気清浄機などによる換気

窓や扉を定期的に開放するなど空気をとどまらせないよう院内の換気を行っています。また、窓がない・窓を開放できない室内は、ウイルスの不活性化を行うため空気清浄機・除湿機などを稼働させ感染予防に取り組んでいます。

※以前より、当院は感染予防に取り組んだ診療を行っておりますが、患者様により安心しご来院いただくために徹底しております。

当院の風邪患者さんの対応について

01.
時間・空間分離

当院は基本的に消化器の患者さんが多いクリニックです。他院に比べ比較的風邪の患者さんは少ないと考えますが、「日本プライマリ・ケア連合学会」の“新型コロナ感染症(COVID-19)病院・診療所のプライマリ・ケア 初期診療の手引き”に則り時間・空間分離を行っております。
すなわち発熱や呼吸器症状などの風邪症状の患者さんは他の疾患の患者さんと同じ待合室でお待ちいただかないように受診前にお電話で診察予約をしていただいたうえで自宅や車で待機いただきます。基本的には午前診または午後診が終了してから受診をしていただきます(時間分離)。診察は第二診察室を使用し空間分離を行っています。
また電話での診察も行っておりますので、ご活用ください。

02.
当院でのカメラ施行時の対策

当院では日本消化器内視鏡学会の提言に沿い、胃カメラや大腸カメラを行っております。このため、4月22日の提言により不急の内視鏡は基本的に自粛しておりました。今回5月18日の提言を踏まえ、内視鏡検査時の感染対策を今まで以上に徹底して行うことにより胃カメラや大腸カメラを施行しております。